Sponsored Link
プロフィール

家人

Author:家人
住宅業界一筋で生きてきた経験から、良い家づくりのポイントをご紹介します。 これからマイホームを考えている方、必見ですよ!

最新トラックバック
ブログ村ランキング


相互リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
大手銀行は29日、3月の住宅ローン金利を発表した。

三井住友銀行とみずほ銀行、りそな銀行の3行は、10年固定型で最も信用度が高い人に適用される優遇金利を前月より0・10%下げて、過去最低の年0・80%とした。日本銀行のマイナス金利政策を受けて、金利の引き下げ競争が激しさを増している。

3行は、2月の途中で金利を年0・90%に下げていたが、3月からはさらに引き下げる。三菱東京UFJ銀行も3月から年0・80%に引き下げるため、4行が同水準で並ぶことになった。三井住友信託銀行は年0・50%で、4行よりもさらに低い水準だ。

一方、お金を預ける際の金利も下がる。個人の資産運用は難しくなりそうだ。

三井住友銀とりそな銀は3月1日から、定期預金の金利について、預け入れの期間と金額を問わず一律、年0・01%に引き下げることも発表した。例えば、100万円を預けた場合、1年間で得られる利息は100円となる。


yahooニュースより引用



マイナス金利の影響から、大手銀行の住宅ローンの金利が今月もまた引き下げられました。


預金の金利はもう期待できる水準にはないですが、住宅を考えている方にとっては消費税アップ前のタイミングと重なり、かなりの追い風と言えるでしょう。

------------------
Sponsored Link

------------------

また以前ご紹介した記事 住宅ローン借り換え時にリフォーム費用を捻出する方法 がさらに効果的になってきたと言えます。


新築・リフォームともに金利的にとても魅力的なタイミングですね。


また、今の住宅ローン金利引き下げ競争は、消費税増税をにらんで顧客を獲得したい銀行側の思惑もありますので、新築マンションでは、税率引き上げの半年前(今年の9月30日)までに契約すれば、引き渡し時期にかかわらず税率8%とする経過措置が適用されます。


なので、その期限となる今年9月30日までが最大のヤマ場になると考えられています。


逆にいえば、10月以降は消費税増税による反動でかなりの減少が見込まれるため、住宅ローンの金利引き下げが一段落して、引き下げ幅を縮小する銀行が現れないとも限りません。


借りる側としても変動型だけでなく、同じく史上最低水準に下がっている固定型金利の活用も検討するなど、状況に応じた対策を取っていく必要があります。


悩んだ時には「頭の切れる」住宅営業に相談すると、いい方法を教えてくれるでしょう。


こういった時のためにも、その会社で家を建てるかどうかは別として、「この人は出来る」と感じた営業マンと仲良くしておくといいですね。

関連記事
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2016/03/01 23:39 資金計画 TB(0) CM(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/03/16 01:34   [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://myhome444.blog.fc2.com/tb.php/341-b40c5a01
検索フォーム
カスタム検索
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Sponsored Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。