Sponsored Link
プロフィール

家人

Author:家人
住宅業界一筋で生きてきた経験から、良い家づくりのポイントをご紹介します。 これからマイホームを考えている方、必見ですよ!

最新トラックバック
ブログ村ランキング


相互リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
「トイレ流す時、フタ閉めてる?」


今日、こんな一言から長い議論に発展しました。


その人曰く、トイレを流す時に蓋をしないと、菌が空気中に飛び散るというのです。


色々調べてみると、その現象を「トイレット・プラム」という事がわかりました。


womenshealthmagの記事によれば、トイレを流すときに、多くの病原菌が広がることを「トイレット・プラム」と言うとのことで、流すときの水の勢いで、菌が空気中に飛んでいってしまうのです。


「トイレット・プラムの中には大腸菌や同様の悪影響を持つ微生物や、ある種のウイルス、などが含まれています」(感染症の専門家、Adalja医師)。


「トイレット・プラム」は1975年に、微生物学者のGerba氏が発見。


トイレに病原菌を入れて、水を流したところ、流した後にもその病原菌が残っていたそうです。


Gerba氏は、環境微生物学の雑誌に「誰でも、トイレを流したときに広がる霧状の水から感染する可能性がある」と発表したとのこと。

マーシー・メディカルセンターのLeavey医師は、「まだまだ、研究が必要となる分野だが、トイレット・プラムで見つかる病原菌は、大腸菌で、胃腸炎などを引き起こす原因になる」と指摘しています。


またAdalja医師も、トイレット・プラムが原因でどのような病気が起こっているか、まだ明らかになっていない部分もあるとしながら、「飛行機やクルーズ船などで起こる食中毒などはプラムもひとつの原因ではないか」と考えており、2003年に香港で蔓延したSARSもトイレが感染源の1つである可能性を示唆します。

------------------
Sponsored Link

------------------

もし、この説が正しいとしたら、家の中で誰かが下痢になった場合、1つのトイレだけを使ってもらうようにし、さらには使う度に洗うのが理想的です。


1度流した後に散らばったものをまた水に沈めるためには「2度流し」が効果的ですが、2度流した後でもやはり少しは菌が残ってしまうそうです。


どのくらいの範囲で、病原菌が広がるのかはまだ解明されていないようですが、ユニットバスの場合、歯ブラシを置いている位置まで飛んでいるという見方もあるようです。


ユニットバスの中のものを、トイレを流す度に消毒するのは大変ですが、その際に有効なのが、蓋をしてトイレを流すという方法だそうです。


確かに感染するような病気にかかっている時には、トイレをした後には蓋をして流したほうがいいような気がしますね。


ホテルなどのユニットバスではその影響は大きいように感じますが、一般の住宅ではほとんどの場合トイレは独立しているため、そこまで直接的な影響はないかもしれません。


これからは、トイレを流す時にちょっと気をつけようと思った出来事でした。





関連記事
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2015/12/17 22:52 トイレ TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://myhome444.blog.fc2.com/tb.php/330-57974b0c
検索フォーム
カスタム検索
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Sponsored Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。