Sponsored Link
プロフィール

家人

Author:家人
住宅業界一筋で生きてきた経験から、良い家づくりのポイントをご紹介します。 これからマイホームを考えている方、必見ですよ!

最新トラックバック
ブログ村ランキング


相互リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
少し前に相談を受けた案件が、お客様の要望通りの形になりましたのでご紹介します。


15年ほど前にマイホームを新築されたお客様から相談がありました。


「奥さんのお母さんを引き取って同居することになったので、少し増築をしたい。水回りも痛みが出てきてるので一緒にきれいにしたいが、まだ新築時の住宅ローンが残っているので、どうするのが良いだろう?」という内容です。


今回のリフォームお資金が手元にあれば問題ないのですが、なかなかそうもいきません。


現在の住宅ローンの返済額から大幅に増えるような事も避けたい。


こういった場合に使えるいい方法があります。


最近の住宅ローン金利は全体的に低くなってきており、金利が高かった時代に住宅ローンを組んだかたにとっては、借り換えをしたほうがお得なケースが多くなっています。


そこで住宅ローンの金利を見直して、今よりも低い金利で、さらに、リフォームの工事代金分および諸費用を上乗せして借換できれば、現在の住宅ローンで将来的に返済するはずだったお金とほぼ同額程度になる場合があります。


各銀行で新規顧客の集客に力を入れている「住宅ローンの借り換え産業」ですが、超低金利のこの時代において、借り換えのニーズは日々高まっています。


しかしその反面、借り換え時にリフォーム資金を一緒に組み込むことができることをご存じの方は、非常に少ないのが現実です。


実際に銀行で設けているプランにも関わらず、メリットが大きい半面、認知度が低いがために「こんなこと本当にできるの?」と猜疑感を持たれる方も少なくありません。


今回ご紹介するとくフォの「借り換えリフォーム」はお客様の満足度が非常に高い商品です。





※クリックでサイトが開きます。


【借り換えリフォームの主なメリット】

(1)持ち出し費用がかからずリフォームができる。
住宅ローンにリフォーム費用を全て組み込む形になりため、リフォームに関する初期費用は負担ゼロ。
借り換えの初期費用ももちろん組込み可能です。

(2)リフォームをしても住宅ローンの月々の支払いがダウン。
金利が大きく下がるため、リフォーム資金を組み込んだとしても支払いが下がる方がほとんどです。
金額が大きくて、年数が長い住宅ローンならではの特徴です。
(現在の金利により条件は変わります)


特に住宅を購入して15年~25年経過している方は、公庫にて高金利(4%など)で住宅ローンを組んでいる可能性が高いので、大きな効果が見込まれます。


とくフォのサイトの「インターネットからのお問合せ」をすることで、個別の相談が受けられますので、もし同じようにローンの借り換えやリフォーム資金を考えられている方が見えましたら、一度問い合わせだけでもしてみてください。



関連記事
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2015/12/01 22:53 資金計画 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://myhome444.blog.fc2.com/tb.php/327-75534331
検索フォーム
カスタム検索
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Sponsored Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。