Sponsored Link
プロフィール

家人

Author:家人
住宅業界一筋で生きてきた経験から、良い家づくりのポイントをご紹介します。 これからマイホームを考えている方、必見ですよ!

最新トラックバック
ブログ村ランキング


相互リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
国土交通省は十三日、東洋ゴム工業(大阪市)の子会社が製造・販売した免震装置材料の一部が、建物の揺れを抑える性能の基準を満たしておらず、不正な申請書を提出して国の認定を受けていたとして、認定を取り消ししました。


東洋ゴムによると、明石工場(兵庫県稲美町)の製品開発担当の課長代理が基準に適合するように試験データを改ざんし、認定を受けていた可能性が高いという事です。


これについてはしっかりと調査をして原因究明をしてもらいたいものです。


基準を満たしていない免震材料のゴムは宮城、愛知など十八都府県のマンションや病院、庁舎、倉庫など計五十五棟で使用されており、国交省はこれらの建物が安全かどうか、調査するよう東洋ゴムに指示をしました。


東洋ゴムは、今後一カ月間で建物の安全性の確認を実施し、問題があれば部材交換などの対応を取り、一年以内の改修を目指すとしています。


国交省の担当者は「(個別物件の)危険性が明らかになれば、必要なものは公表する」と説明した。


東洋ゴムの山本卓司社長は大阪市内で記者会見し「取り消しを受けて(五十五棟は)違法建築物の扱いになる。関係者に多大な迷惑をかけることをおわびします」と陳謝した。


国土交通省によると、この免震ゴムを使用して建設された仙台市の物件三棟については、東日本大震災後の現地調査でも損傷は確認されなかったという。


この免震ゴムは、二〇〇三~一一年にかけて国の認定を受けましたが、このうち不正があったとして三種類の製品の認定が取り消されました。


東洋ゴムによると、このほかに二種類の製品で性能に問題が見つかり、納入した五種類の計二千五十二基が、基準を満たしていなかったという。

------------------
Sponsored Link

------------------



・マンションや庁舎、病院など

国交省によると、建物の用途は共同住宅を中心に庁舎や病院、データセンターなど幅広く、規模は最大で三十階建ての建物もあるという。

問題の免震装置が使われている建物は、宮城県五棟、福島県一棟、茨城県二棟、埼玉県三棟、東京都五棟、神奈川県六棟、新潟県一棟、長野県一棟、静岡県三棟、岐阜県二棟、愛知県六棟、三重県四棟、京都府一棟、大阪府二棟、香川県一棟、愛媛県二棟、高知県九棟、福岡県一棟。物件の用途では、共同住宅が二十五棟、庁舎十二棟、病院六棟、倉庫四棟、データセンター二棟、工場二棟、研究施設一棟、個人住宅一棟、事務所一棟、複合施設一棟となっています。


東洋ゴム工業は十三日、同社の免震装置に不正が見つかった問題を受け、電話で相談や疑問に答える「免震ゴムお客様ご説明窓口」を開設して、二十四時間無休で対応する。

通話無料で、電話(0120)880328。


・免震装置とは

建物に伝わる地震の揺れを吸収したり、軽減するための緩衝装置。
ゴムや金属などを組み合わせた円柱状の装置を、建物の基礎部分に設置するケースが一般的。素材にはゴムのほか、ベアリングやバネを用いたものもある。
近年建設された高層ビルやマンション、ホテルなどには標準的に採用されている。国土交通相の認定を受けるには、一定基準以上の免震性能を満たす必要がある。






今回の東洋ゴムの問題は、2005年の耐震偽装問題、いわゆる「姉歯事件」以来の建築業界の大きな不祥事といえるのではないでしょうか。


報道によると、「担当者が代わり、性能不足の疑いが出た昨年2月以降もこの免震装置を納入し、今年2月まで続けられた。」との話もあることから、今回の問題のほうが悪質かもしれません。


国交省に「疑いの出た時点で出荷をストップすべきではなかったか」と批判されるのも当然の事でしょう。


建築業界の端くれで仕事をさせてもらっている立場から言わせてもらいます。


「こんな事やってるからいつまでたっても建築業界が疑いの目で見られるんだよ!」


建築に携わっている者のほとんどは「いいものを造ろう!」と思いながら仕事をしています。


しかし、今回のように信頼を損なうような事件が起きてしまうと、一生懸命仕事をしている我々までもが、「手抜いてるんじゃないの?」という疑いの目で見られてしまいます。


一般の住宅を建てている現場でも、毎日のように施主さんがやってきてその日施工した部分の写真をたくさん撮っていく、なんてことは最近は本当に多くなりました。


もちろん、だんだん家ができていくのが嬉しくて写真を撮っている方もみえますが、多くの場合は、「後で何かあった時の証拠」という意味合いで写真を撮っている方が多いのも事実です。


「信用してマイホームを任せてもらっている」というプライドが、なんだか揺らいでくる気がしてしまう時があるわけですよ。


「心配しなくてもちゃんとやるから!」って心では思いながら、なかなか言えないのが現状なのですが、ちょっとした寂しさを感じてしまいますね。


真面目にやってる建築業界の仲間たちのためにも、今回のような偽装が二度と起こらないことを強く望みます。
関連記事
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2015/03/17 23:02 時事ネタ TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://myhome444.blog.fc2.com/tb.php/310-6f2897e4
検索フォーム
カスタム検索
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Sponsored Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。