Sponsored Link
プロフィール

家人

Author:家人
住宅業界一筋で生きてきた経験から、良い家づくりのポイントをご紹介します。 これからマイホームを考えている方、必見ですよ!

最新トラックバック
ブログ村ランキング


相互リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
今回も知人から相談があり現場を見に行ってきました。


ある建売住宅を専門にしているメーカーの現場を見てほしいとのこと。


その知人は自分の希望の地域にある建売住宅を購入したいと思い、建築がはじまった時から目を付けていたそうで、最近初めて大工工事中の現場に入らせてもらって中を見てきたらしいのですが、その仕上がり具合を見て不安になったとの事でした。


ほぼ初めて建築中の現場を見た人が不安になる仕上がりってどんなものかと、興味半分、不安半分で見に行ってきました。


その一部をご覧ください。

IMG_3643.jpg

IMG_3644.jpg

IMG_3645.jpg

わかりますか?


石膏ボードを切った後の処理がメチャクチャですよね・・・。


丸ノコで石膏ボード用のチップソー(刃) ↓ を使っていれば切り口がこんなにケバ立つ事はありません。




おそらく木材用の刃でそのままカットしているものと思われます。


普通ならこんなにボロボロになった石膏ボードは使わずに新しく切りなおすか、ケバ立った部分をきれいにしてから使用するものですが、それもせずにそのまま使用しています。


なんというか、「レベルが低い」という次元の話ではありません。


ハッキリ言って仕事をする資格がない人だと思います。

------------------
Sponsored Link

------------------

こんな施工をする大工も大工ですが、何も言わない現場監督もどうしようもない「無能」ですね。


現場での不備を指摘できない監督なんか必要ないです。


おそらくほとんど現場にも来てないんだと思いますが・・・


こんな施工の住宅を購入したら後悔しか残らないと思いますので、ハッキリと知人には「絶対やめとけ。」と言っておきました。


でも問題なのが、この後石膏ボードの上にクロスを貼ってしまうと、このような惨状が見えなくなってしまうということです。


パッと見はきれいに仕上がっていますので、何も思わずに購入する人も出てくるでしょう。


ここが建売住宅の怖いところです。


購入を検討している建売住宅がある場合、可能ならば建築中の状態を見に行ってください。


建築中の状態を見ることで、今回のような誰が見てもわかるようなひどい住宅を購入することは避けられると思います。


しかし最近はプライドも何もない、とにかく終わらせればいいという大工が増えているのがとても残念ですね。


昔のように何日かかってもいいから納得いくものを造る、という仕事ができる人がほとんどいなくなってしまいました。


これは住宅業界が工期を縮め、人件費をカットしてきたため、スピードや効率だけを重視した職人が増えてきているという背景があるのですが・・・。


根本的に仕事への取り組み方を考える時期に来ているのかもしれません。







関連記事
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2014/12/19 23:03 現場を見よう TB(0) CM(2)
コメント
 サラリーマンにはプライドがないかのような表現はいかがなものでしょうか。
2014/12/20 08:56 サラリーマン URL [ 編集 ]
Re:
サラリーマン様

誤解を与える表現でした。
訂正します。
2014/12/20 10:42 家人 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://myhome444.blog.fc2.com/tb.php/298-02e4e952
検索フォーム
カスタム検索
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Sponsored Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。