Sponsored Link
プロフィール

家人

Author:家人
住宅業界一筋で生きてきた経験から、良い家づくりのポイントをご紹介します。 これからマイホームを考えている方、必見ですよ!

最新トラックバック
ブログ村ランキング


相互リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
最近起きたちょっとしたトラブルについてお話しします。


あるお客様のお宅で、大工さんの造作工事が行われていましたが、その施主さんから電話がありました。


「お願いした棚がついてないんですけど・・・」


現場で大工さんが持っている図面にはその棚は記載されていません。


記載されていないものを大工さんは作りませんので、現場には施主さんが思っている棚はありません。


色々調べてみると、その棚は家の建て前が終わってすぐの頃、現場での話の中で現場監督に話した、ということでした。


その監督に聞いてみると、「そういえば言われたかもしれません・・・。」というなんとも曖昧な返事。


この時には現場で立ち話のような感じで話していたということなので、いつも行っている「打ち合わせ記録書」の作成を行っていなかったのが話の食い違いの原因です。


------------------
Sponsored Link

------------------


この打ち合わせ記録書とは、工事内容について施主さんと建築会社の担当者が打ち合わせをしたことを記録したものです。


打ち合わせ途中で設備や建材を変更することはよくありますが、それが記録されていないとトラブルの元になってしまいます。


何かを追加したり変更した場合にはお互いに記録を持っておかないと、間違って施工がされた場合にも証拠がないので「言ったはず」「聞いていません」の水掛け論になりがちです。



こういった事を防ぐためにも、打ち合わせ記録を書面にしてお互いが持っておくことは非常に重要です。


人間同士が話をしているので思い違いや聞き間違いは、どうしても起きてしまう場合があります。


そんな時に打ち合わせの記録が威力を発揮します。


言ったことをすぐに記録しておかない担当者はミスが多い、これはどんな業界でも同じでしょうね。


意見の食い違いからお互いに嫌な気分にならないように、必ず打ち合わせの記録を残しておきましょう。

関連記事
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://myhome444.blog.fc2.com/tb.php/265-0ce1dd14
検索フォーム
カスタム検索
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Sponsored Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。