Sponsored Link
プロフィール

家人

Author:家人
住宅業界一筋で生きてきた経験から、良い家づくりのポイントをご紹介します。 これからマイホームを考えている方、必見ですよ!

最新トラックバック
ブログ村ランキング


相互リンク
いや~、毎日暑いですね~!


夜もなかなか気温が下がらずに、エアコンがないと寝れない!って方もいらっしゃるのでは?


うちがまさにそうです。(笑)


この時期正直言ってエアコンが無いとかなり厳しいですが、そうなってくると気になるのが電気代。


今回は簡単にできるエアコンの節電方法をご紹介します。





・室外機を熱くするな!


エアコンというと注目されるのは室内機ですが、エアコンの消費電力で最も大きいのが室外機です。


冷房時には室外機は熱交換によって室内の熱を屋外に排出する役割を担っていますが、室外機自体の温度が高いと作業効率が落ちてたくさん電気を使う事になってしまいます。


逆に言えば、室外機の温度を上げないようにすると、熱交換の効率が上がって節電できるという事です。


エアコンの室外機は屋外に設置されるので、場所によっては1日中直射日光が当たっているということも。


なにわともあれ、室外機に直射日光が当たらないように、日陰を作ることが簡単で効率の良い節電方法なのです。


ではどうやって室外機を直射日光を当たらないようにするか。


今は簡単に設置できるいいものが発売されています。





室外機を直射日光から守るカバーです。


同じような商品が多く販売されていますが、少し大きめで室外機前面にも影ができるこのタイプの効率が一番いいようです。


この時、室外機の排気を妨げるような設置方法をしてしまうと逆に効率が落ちることになりかねないので注意してください。



------------------
Sponsored Link

------------------



・エアコンはこまめに消したほうがいいのか?


少しの間の外出等で、こまめにエアコンを消したりしていませんか?


誰もいない部屋のエアコンを動かすなんてもったいない!と思ってしまいますが、実は数時間程度の外出ならエアコンをつけっぱなしにしておいた方が省エネになるんです。


エアコンは「動き始め」、電源を入れてすぐが一番電気を使います。



暑い部屋を冷やし始める時、最初はフルパワーで運転をしますので、たくさん電気が必要なんですね。


それに対し、一度温度の下がった部屋を維持するにはあまり電気は必要としません。


自動運転にしていると、ほとんど動いていないような状態になることが多いですよね。


例えば2時間程度の外出でも、真夏の部屋の温度は一気に上がってしまいますが、帰宅してまたエアコンを動かし始めると一気に消費電力が上がります。


そうやってフルパワーの運転をさせるよりも、エアコンをつけっぱなしにして、涼しいまま部屋の温度を維持させておいた方が省エネになるのです。


ちょっと意外な感じがするのですが、実験によると最近の機種では3時間程度の時間ならエアコンを動かしたままのほうが消費電力が少ないことが分かっているそうです。


少し勇気がいりますが、少しの時間ならエアコンをつけたままにしておいた方が、自分も快適だし省エネだしいいことづくめなんですよ。


エアコンを賢く使って、暑い夏を乗り切りましょう!



Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2016/08/20 08:19 省エネのコツ TB(0) CM(0)
検索フォーム
カスタム検索
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Sponsored Link