Sponsored Link
プロフィール

家人

Author:家人
住宅業界一筋で生きてきた経験から、良い家づくりのポイントをご紹介します。 これからマイホームを考えている方、必見ですよ!

最新トラックバック
ブログ村ランキング


相互リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
一般社団法人 住宅生産団体連合会(会長 樋口武男 大和ハウス工業株式会社 代表取締役会長)では、会員会社の支店・営業所・展示場等の営業責任者に対して、3ケ月毎に住宅市場の業況感(対前四半期の実績及び見通し)についてアンケート調査を実施しています。


平成26年度第4回の集計が出ましたのでご紹介します。


調査時期は平成27年1月、プラス・マイナスはいずれも指数です。



・対前四半期比総受注棟数・金額

平成26年10~12月の受注実績は、平成26年7~9月の実績に比べて総受注棟数マイナス21ポイント・総受注金額マイナス3ポイントの結果となった。

消費増税以降、消費者マインドの低下や様子見の顧客が増えている傾向もあり、前期との比較では総受注棟数・金額ともにマイナスという結果となった(前10月度総受注戸数プラス3・総受注金額プラス7)。

地域別の総受注棟数は、東北(プラス・マイナス0)以外の、北海道(マイナス51)、関東(マイナス24)、中部(マイナス33)、近畿(マイナス13)、中国・四国(マイナス14)、九州(マイナス10)の6地域でマイナスとなり、全体的な指数としてもマイナスに転落した。



・一棟当り床面積の動向について

平成26年10~12月の床面積実績はプラス1となった(前10月度プラス1)。

全国では、「やや広くなっている・広くなっている」(前4月度22%から24%に)が微増、「狭くなっている・やや狭くなっている」(前22%から21%に)、「変わらず」(前56%から55%)がともに微減と、全体的にはややプラス基調である。

地域別では、「やや広くなっている・広くなっている」の割合は、北海道、中部、中国・四国、九州の4地域で増加、逆に「狭くなっている・やや狭くなっている」の割合は、東北、関東、中国・四国の3地域で増加しており、全国的な傾向が表れている。


------------------
Sponsored Link

------------------


消費税増税の延期の発表があり、住宅を考えている人が急がなくてもよい状況になったことから、受注棟数・金額ともにマイナスポイントになっています。


これはある意味予想されたいた結果ですので、大きな驚きはありません。


しかし問題なのはこの報告の続きの「顧客動向について」の部分です。



1)  見学会、イベント等への来場者数

10~12月は7~9月に比べて全国では、「増加」(前期25%から12%)が減少し、「減少」(前期31%から52%)が増加、顧客の動きが大きく落ち込んでいる。

地域別でも、すべての地域で、「減少」の割合が「増加」を大きく上回っている。




2)  全体の引き合い件数

10~12月は7~9月に比べて全国では、「減少」(前期30%から46%)が増加、「増加」(前期18%から9%)は減少と、来場者数と同様に落ち込んだ。

地域別でも、すべての地域で、「減少」の割合が「増加」を大きく上回っている。





3)  消費者の購買意欲について

10~12月は7~9月に比べて全国では、「増加」(前期17%から6%)が減少し、「減少」(前期21%から37%)が増加、消費者マインドは大幅に下降している。

地域別でも、すべての地域で、「減少」の割合が「増加」を大きく上回っている。





このデータを見ると、購買意欲が低下しているので、展示場への来場者数・全体の引き合い数ともに減少傾向にあるという事が読み取れます。


最近あるハウスメーカーの展示場責任者と話しをしたのですが、「数年前に比べて来場者が相当減った。ハウジングセンターでキャラクターショーなどのイベントをしても、全然来てくれないんだよ・・・。」と言っていました。


2017年10月の増税までの期間、住宅の契約で考えると2017年4月までの約2年間は住宅業界にとっては苦しい時期になると予想されます。


政府もいろいろな優遇措置をとり住宅需要を伸ばそうとしていますが、なかなか簡単にはいかないようですね。


住宅を購入する方にとってはじっくりと検討するいい機会です。


各社を比較・検討するためにも住宅展示場を見ることはとても有効ですので、展示場がすいている(笑)この時期にゆっくり見学してみてはいかかでしょうか。






スポンサーサイト
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2015/02/25 22:50 住宅展示場 TB(0) CM(0)
ネットで申し込める住宅ローンシリーズも3回目、10年前にはほとんどなかったネット型住宅ローンも、今ではかなり利用者が増えてきています。


時代の進み方がどんどん速くなってきているような気がします。


今回はソニー銀行をご紹介します。


ソニー銀行の住宅ローンは、申し込みから契約までネットですべて完了することができ、 固定や変動といった金利の変更もネットで行える手軽さが魅力です。


保証料や繰上返済手数料も0円とシンプルなので、「住宅ローンにどれくらい費用がかかっているのか?」が一目でわかるという利点があります。


ソニー銀行住宅ローンを利用している人の80%以上が「借り換え」による利用です。


新規の方ももちろんOKですが、他の銀行からの借り換えによってソニー銀行を利用している人が非常に多いというデータからも、ソニー銀行が「手軽に申し込みができる住宅ローン」であることがわかります。

------------------
Sponsored Link

------------------

ソニー銀行住宅ローンには、「変動セレクト住宅ローン金利プラン」と「住宅ローン金利プラン」2つの商品プランがあります。


どちらのプランを選択しても、変動・固定の金利タイプを途中で変更できます。


両プランの大きな違いは、「基準金利からの引き下げ利率」と「取扱手数料」です。


変動セレクト住宅ローン金利プラン ※2015年2月現在

変動

変動セレクト住宅ローン金利プランは、変動金利・固定金利の選択によって、基準金利からの引き下げ利率が異なるのが特徴です。


借入当初は変動金利のみが選択できますが、借入後に、固定・変動への切り替えが自由にできます。

・変動金利を選んだ場合:基準より1.3%(年利)引き下げ
・固定金利を選んだ場合:基準より0.9%(年利)引き下げ
・取扱手数料:融資金額の2.16%(税込み)




住宅ローン金利プラン  ※2015年2月現在

住宅ローン

住宅ローン金利プランは、上記の変動セレクトプラントは違い、固定でも変動でも、基準金利からの引き下げ利率が同じです。


また、取扱手数料も一律43,200円となっています。

・固定・変動ともに:基準金利より1.0%(年利)引き下げ
・取扱手数料:43,200円





ソニー銀行住宅ローンは保証会社を利用していないので、保証料がかかりません。


また、団体信用生命保険料についてもソニー銀行が負担してくれるので、無料です。


住宅ローンの利用にかかる手数料は原則、取り扱い手数料印紙代、登記費用などに限られるので、必要な費用が明確です。


またソニー銀行は繰上返済手数料も0円です。


複数の住宅ローンプランが用意されていますが、どのプランを選択しても無料で繰上返済ができるので安心感が大きいです。

・繰上返済手数料は1万円から無料(回数制限なし)
・契約書類等の再提出も不要

また、ソニー銀行住宅ローンでは、固定金利と変動金利の変更手続きもネットから行うことができ、返済の途中で金利の環境が変わっても、いつでも柔軟に対応できるのがソニー銀行の強みです。


住宅ローンによっては、中古マンションの購入資金には利用できないものもありますが、ソニー銀行の住宅ローンなら、中古マンションを購入する時のローンとしても使えます。


そしてソニー銀行の住宅ローンは、オリコン顧客満足度 住宅ローン部門で3年連続No.1を達成しています。(2011年~2013年)


ちなみに、ソニー銀行はヘルプデスク協会の「電話応対ランキング」や「日経金融機関ランキング」においても、五つ星・第1位を獲得しているほどの驚異的な実績を誇っています。


顧客対応の良さは、数あるネット銀行の中でも間違いなくNo.1と言ってよいでしょう。


ソニー銀行は店舗を持たないネット銀行なので、住宅ローンの申し込みから契約まで、すべての手続がネットだけで完結し、窓口に出向く必要がありません。


また、どうしても対面で相談したい場合は、JR東京駅の近くにある、「住宅ローンプラザ」にて、専門のアドバイザーと向き合いながら相談することも可能です。


東京駅まで行くことができない場合でも、ソニー銀行では顧客ひとりに対して専任のローンアドバイザーが担当してくれるため、必要書類の案内やわからないことなどはすべて、電話やメールを使ってアドバイザーが教えてくれるので、はじめての方でも安心です。


ソニー銀行はとにかく料金プランのわかりやすさや、手続きの柔軟性に強みがあります。


わかりにくい手数料体系が嫌な方や、変更手続きの面倒くささが嫌だという方に向いています。


Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2015/02/06 22:44 資金計画 TB(0) CM(0)
検索フォーム
カスタム検索
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Sponsored Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。