Sponsored Link
プロフィール

家人

Author:家人
住宅業界一筋で生きてきた経験から、良い家づくりのポイントをご紹介します。 これからマイホームを考えている方、必見ですよ!

最新トラックバック
ブログ村ランキング


相互リンク
今回はJV様から頂きましたご質問にお答えします。


まずは今回いただいたご質問へのお答えが遅くなりましたことをお詫びいたします。


ご質問内容

上棟して屋根が一応載りまして、その上から防水シートがホッチキスのようなもので設置された状態です。
屋根が載ってから本日初めての雨で、様子を見に行ったら部屋の中心にあたるところから水が漏れてきているではありませんか。
防水シートを設置したのだから異常なのかと思い監督に連絡・確認していただいたところ、「本日は雨なので実際屋根に登っての確認はできていないが、現状はホッチキス状のもので留めているような状態で漏れることはあり得る。晴れの日に確認はするが、この後予定されているスレート屋根を設置すれば大丈夫と思う。」との返事でしたが不安が残りますのでアドバイスお願いできませんか?


これは心配ですね。


今回の場合は、ご質問にある「部屋の中心」という場所の屋根がどういった形状になっているかによって大きく変わってくると思います。


雨が漏れている部分が1階で、その上部の屋根がいわゆる「下屋」(2階が乗っていない屋根)である場合、下屋と2階部分の壁との間から雨が入ってきている可能性があります。


通常防水シートは屋根部分にしか貼られませんので、壁部分からつたってきた雨水が下屋部分に入り込むことはあり得ることです。


この場合は2階部分の外壁と下屋のつなぎ目部分の処理がまだ行われていないために起こるものですので、きちんと処理がされれば問題なくなると思います。


それよりも問題なのは、漏れている部分の屋根が2階の屋根である場合です。


------------------
Sponsored Link

------------------

ご質問にあるように、通常防水シートは屋根の下地材である野地板にホッチキス状のタッカーと呼ばれるもので施工されます。


これはシートを突き破って野地板に打ち込まれるので、その穴から雨水が入ることはあり得ます。


あり得ますが、かなりの激しい雨でない限り、じわ~っとにじむ程度の量しか入らないのではないかと思います。


野地板の下まで水が入ったりするほどの量が入ることは考えにくいので、なにか原因があるのかも知れません。


考えられる原因としては、シートの重ねが十分でない、カッターなどで切った際にシートに傷がついている、タッカーの間隔が広い部分がありめくれ上がっている、などでしょうか。


防水シートは屋根の雨漏り防止の最後の砦ですので、一度きちんと確認してもらい、何か不備があるのならしっかりと対策、または施工のやり直しをしてもらう必要があると思います。


可能であればご自身で屋根に上って、納得するまで監督さんと一緒にチェックされることをお勧めします。


その時には安全帯やヘルメットなど安全対策をしっかりして、くれぐれも注意をしてくださいね。


Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


「施主支給」とは、建築主が自分で住宅機器・建材などを直接購入し、建築会社・ハウスメーカーに納入することです。


新築やリフォームの場合、使用する建材や設備の選定から工事に関わること全般において、ハウスメーカーや工務店・リフォーム会社などに任せるケースがほとんどですが、それを自分でやってしまおうということです。


システムキッチンやユニットバス(システムバス)・洗面化粧台・トイレ・給湯器といった住宅設備機器、または、床材・タイル・照明といった住宅建材などさまざまな種類におよびます。


これらのメーカーとの付き合いがありますので、その建築会社には取り扱いがない場合もありますが、そういった場合でも建築主が商品を支給すれば思い通りの商品を取り付けすることができます。


建築会社やハウスメーカーの了承があれば、建築コストを下げたり、同じ予算で商品のグレードを上げることができて大変お得です。


毎日使う物だからこそ、自分で納得できる製品を選択することが大切だと思います。


そんな「施主支給」のメリットとデメリットをご紹介します。


メリット

・商品を安く仕入れることでコストダウンができる

商品と工事を分離発注することにより、インターネットなどで卸価格で商品を購入することができます。
また同じ金額でもグレードの高いものを購入できる場合もあります。


・取り扱いがないメーカーの商品も使うことができる

ハウスメーカーにも、取引の強いもの、弱いもの、まったく取引がないものなど、それぞれ会社の特徴があります。
そういった事にとらわれず、自分の好きなものを使うことができます


・自分自身で探すことでより愛着がわいてくる

「施主支給」を行ったお客様の話しを聞くと、「苦労して探して発注したから愛着が出た。」ということをよく聞きます。
自分の思い通りの商品を探すことで家族の結束が強まる事もあるようです。


------------------
Sponsored Link

------------------


デメリット

・責任は自分で取らなければならない

万が一の発注ミス等による工期の遅れや、予期せぬ問題が発生した場合には自分で責任を取る必要があります。
できれば時間に余裕をもって手配をすることをお勧めしします。



・時間と労力がかかる

自分でショールームに行ったり、カタログを取り寄せたり、インターネットで調べたりとどうしても時間と労力が必要になります。
こういった事を楽しめる方にはうってつけの方法です。





「施主支給」にはこういったメリットとデメリットがありますが、 家づくりは一生のうちにそう何度もあることではありません。


「施主支給」はメリット・デメリットを含め、家づくりにお施主様自身が関わることができる貴重な体験ともいえます。


そして何より充実感や達成感が得られ、その結果として、建築費用のコストダウンができる。


少し時間を作って、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2014/04/28 21:05 建築費を抑えるコツ TB(0) CM(0)
検索フォーム
カスタム検索
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Sponsored Link