Sponsored Link
プロフィール

家人

Author:家人
住宅業界一筋で生きてきた経験から、良い家づくりのポイントをご紹介します。 これからマイホームを考えている方、必見ですよ!

最新トラックバック
ブログ村ランキング


相互リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
前回の間接照明の記事では、天井や壁に照明を埋め込んだ形のものをご紹介しましたが、この埋め込み型の場合、電球の交換などのメンテナンスに手間が掛かる事、また器具が故障して修理が必要な場合には大掛かりな工事になってしまうことなど、デメリットもあります。


ですので、今回はもっと簡単に間接照明を楽しむ方法をご紹介します。


間接照明とは、直接照明の光を利用せずに壁や天井を照らすことで明るさを得る方法です。


スタンドタイプの照明を用意して、それで天井や壁を照らしてあげればいいのです。


例えばこんな感じの照明で。





また、フロアに置くタイプの照明で足元の壁を照らす方法もあります。




こういった照明の良いところは、自由に好きな場所に移動できる事です。


季節や家族の変化によって過ごす部屋が変わったりしても一つの照明で対応できます。


また気分によって数を増やしたり、電球の色を変えたりと自由に楽しむことができます。


就寝前のひと時、心も体もリラックスして照明で光を演出して遊んでみるのも面白いですよ。


スポンサーサイト
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2013/10/31 22:55 間接照明 TB(0) CM(0)
今回は「間接照明」のお話しです。


間接照明とは、照明の光を天井や床や壁に当てて反射光で照らすという照明方法の事をいいます。


やわらかい光が得られ、様々な演出効果が可能で、優しい雰囲気作りができることから最近人気になっています。


12 - コピー - コピー

間接照明+アクセントクロスの例


とても柔らかな感じの空間になりますよね。





しかし間接照明は、照明としては少し頼りないので、ほかの照明と組み合わせて使ったり、いくつか同時に使用するのが一般的です。


床を照らす場合は、部屋のコーナーに置いたり上手く足元を照らせるようにすれば綺麗な演出ができますが、足元で邪魔になってしまう事がありますので、しっかりと安全を確認できる場所におくことが大切です。


簡単にできる方法としてまずは天井や壁を照らす間接照明を使用されることをオススメします。






特に寝室に設置するのがオススメです。


優しい柔らかな光で、眠りに就く前の心と体をリラックスさせてくれます。


またテレビの後ろや玄関の正面に設置することで、飾りを際立たせる効果もあります。


アクセントクロスと同様、室内のポイントとして間接照明を使ってみてはいかかでしょうか。






Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2013/10/30 23:09 間接照明 TB(0) CM(0)
検索フォーム
カスタム検索
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Sponsored Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。