Sponsored Link
プロフィール

家人

Author:家人
住宅業界一筋で生きてきた経験から、良い家づくりのポイントをご紹介します。 これからマイホームを考えている方、必見ですよ!

最新トラックバック
ブログ村ランキング


相互リンク
お久しぶりです。


ちょっと最近色々あって、ブログの更新がかなりおろそかになってしまいました・・・。


そんな中ですが、最近、知り合った人にBNI(ビジネスネットワーク インターナショナル)という異業種交流会に誘われたので、物は試しと参加してみました。


なんか色々と印象深い経験だったので記録に残しておこうと思います。


最初に断っておきますが、今回の感想はあくまでも私個人の感想です。





まずはBNIとは何か。


アメリカ発祥の会員数が12万人弱の世界最大級の異業種交流会で、「ビジネス・リファーラル(会員同士で顧客を紹介し合うこと)」が目的となっているのが特徴で、1業種1社で構成されたチャプターという小組織毎に週1回会合形式で集まる異業種交流会です


地域によって○○チャプターというように名前がついてるみたいです。


私が誘いを受けた時には、「朝活動している異業種交流会があるんだけど、参加してみない?」と、結構軽い感じで言われたので、あまり深く考えずに一度行ってみることにしました。


今思えばこの時にもう少しちゃんと話を聞いておくべきだったのかもしれません。


最初は「朝に活動してるなんて、今流行りの意識高い人たちと交流ができるかな?」なんて楽天的に考えていました。


朝6時30分に立派な会場に集合します。


会場に着くや否や名前を聞かれて、「○○様がいらっしゃいました!」と大きな声で紹介されました。


参加者からの大きな拍手と「おはようございます!ようこそいらっしゃいました!」の声。


この時点ですでに私はちょっと引き気味。


雰囲気がもう、マル〇の勧誘と一緒なんだもん。(笑)


いきなり来たことを後悔し始めました。


受け付けで参加費用1500円(金とるんかい)を払って 会場に入ると メンバーがたくさんいて怒涛の名刺交換が始まった。


弁護士、税理士、などの士業の人間から、金融関係、保険会社などのサラリーマン、不動産会社経営者、飲食店経営者など幅広い業種の人々がいる。


名刺交換が終わると、席について会が始まった。


どうやら今日は私を含めゲストが3人いるようだ。


この会はお互いがお互いに仕事を紹介し合うことを目的の一つとしていて、お互いがビジネスパートナーであり、お互いの営業マンとして活動するらしい。


一人づつのアピールタイムでも、メンバーの皆さんはとても上手に話をするのが印象的でした。


かなり訓練されているなというのが伝わってきます。


その後、紹介(リファーラルというらしい)の発表が始まりました。


このリファーラルというのは、一週間のあいだに、自分が他のメンバーのためにビジネスの機会を提供したことを用紙に記入して、メンバー間で交換するというもの。


要は「俺は今週これだけ仕事を紹介したぜ!」という発表ですね。


その時にはノルマの事は言われませんでしたが、全員が最低1件は発表していたので、おそらくノルマがあると思われます。


そして一定の件数宇以上のリファーラルを出せた人には、みんなが立ち上がって拍手、スタンディングオベーションが行われていました。


なんというかちょっと異様な光景に見えましたね。


------------------
Sponsored Link

------------------


そんなこんなでかなりの違和感を覚えつつ、当日の会は終了、と思いきや、この日初めて出席した人たちには、別の部屋でBNIについての説明がありますと言われる。


この日のゲスト3人が個室の中でそれぞれBNIメンバー(大体3人づつぐらい)に囲まれてBNIの説明を受けた。


すでに入会する前提みたいな話しぶりに拒否反応を覚えつつ聞いた内容は以下のようなもの。


•入会金と月々の会費で年間約20万円の費用が掛かる。

・•毎週行われる定例会に参加しなければならない。

•半年に3回以上休むと退会処分になる。参加できない時には代理を立てることも可能。


参加する前は雰囲気が良かったら入ってもいいかな、ぐらいは思っていましたが、この説明を聞いて、私はどちらにしろ無理だなと思いました。


朝から現場に行くことなんてしょっちゅうですし、遠い現場に行くときには泊りになることもある。


それに毎週誰かに必ず紹介をするなんて普通に考えたら無理じゃないですか?


そう言えばリファーラルの発表の時に、○○さんのお店(飲食店)で食事をする、なんてのもあったな。


飲食店なんかは紹介がしやすいという意味ではこの会にマッチしているのかもしれませんね。


年間20万円を出して、仕事のつながりを前提とした人付き合いと紹介を獲得すること、そして毎週の活動に費やす時間が割に合うかどうか、ここがこのBNIという会に参加するかどうかのポイントになると思われます。


あと毎週他のメンバーへの紹介を探す時間、そして新しいゲストを探してくる事も必要な感じでした。(話には出なかったが新規メンバーを連れてくる事も必須?)


正直な話、取引のある人みんなに声掛けてたら逆に信頼を無くしそうな気がしないでもないです。


「あの人と仕事するとなんとかの会に勧誘されるよ。」みたいな。


お互いがビジネスパートナーであり、お互いの営業マンとして活動するっていうのも、なんとなく聞こえはいいんですが、他の人のために活動する時間があったら自分の事業に没頭したほうが業績が上がると思うんですよね。


紹介なんていい仕事してたら自然と出てくるものだと思いますし。


私はこの会には向かないし入会は無いなと。


ただ、業種によっては、これらに目をつぶってもメリットのある場合もあるのかなと思います。


飲食店や保険会社なんかは、会員から紹介を受ける確率が高く、出会いも多いので紹介しやすいという可能性はあります。


逆に専門的な業種など、依頼の間口が狭い業種は恩恵はほとんどないでしょうね。


あと気になるのが結構いい金額の入会金と会費がどのように使われているかという事。


この点最後の勧誘を受けている時に質問してみたんですが、なんとなくはぐらかされた感じで明確な答えは帰ってきませんでした。


ただ会場を借りて活動をするくらいなら、1人年間20万とかかからないですもんね。


本部とか上の方にお金が流れるシステムになってるのかな?とか想像してしまいます。




長々と感想を書いてきましたが、私には合いそうになかった、という事です。


しかし1回だけの参加でこの会の全てがわかるはずもないし、ちゃんと結果を出されてる方もいると思いますので、もし誘われる機会があったら、自分の目で見てみることをおススメします。





Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2018/07/01 00:07 時事ネタ TB(0) CM(0)
前回の記事でご紹介した、水漏れのトラブル。


どうも住宅販売業者のほうが折れて、2階のトイレをウオシュレットタイプの新品に交換することで折り合いがついたようです。


しかし原因を作ったのは購入者のほうなのに、ゴネまくって業者にサービスさせるという、まさにモンスタークレーマー!


業者は「もうめんどくさいから相手が納得するなら便器を交換しておくわ・・・」と半ば諦めたような感じでした。


そのかわり、「今後出るメンテナンスは、絶対にサービスはしない。お金をもらわないと絶対に動かない。」とも言っていました。


トラブルがあって、その時はゴネ得したと思っても、信頼関係を崩してまで自分の意見を通しても結局は得をしないという事ですね。


------------------
Sponsored Link

------------------








ここ最近全国的にかなり気温が上がって、30℃を超したところもあったようですね。


いや~ホント暑い。


まだ5月だというのにこの暑さでは夏が心配です。


このように急に気温が上がった時に気をつけなければいけないのが「熱中症」


真夏の暑い時期も発症が多いのですが、ぐっと気温が上がり、体が暑さに慣れていない時期にもかなりの方が熱中症で病院に運ばれるそうです。


まずは水分をしっかり摂ることが大切です。


一時間おきにコップ半分ぐらい (50~100cc、汗が「出れば出ただけ」補給) することが、熱中症をうまく予防するコツです。


水分不足は、熱中症だけでなく、脳梗塞・心筋梗塞の要因にもなるそうです。


脳梗塞の発症時間で多いのは夜間で、就寝中には水分をとれないので脱水になるためだということです。

------------------
Sponsored Link

------------------

就寝前後、運動前後・途中、入浴前後などに、のどの渇きを感じる前に水分をとる(渇きを感じはじめたときは、すでに脱水が始まっています)。


住宅の建築現場では、外部の業者さん(屋根・外壁・板金など)は特に熱中症には気を使っています。


直接日光を浴びるので汗の量も半端ではありません。


1時間と言わず、30分に一度程度の給水を行うようにしている業者さんもあるほどです。


では、内部の業者さん(大工・電気・内装など)は熱中症にならないかと言うと、決してそうではありません。


夏の風のない時には屋内でもかなりの気温になります。


気が付かないうちに大量の汗をかいていますので、熱中症には十分注意をしなければいけません。


内部の業者さんも、大きな扇風機を回して空気の撹拌をしたりして対策を行っています。


しっかりと対策を行って、これからの暑い時期を乗り切っていきましょう!


Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2017/05/23 16:38 時事ネタ TB(0) CM(0)
検索フォーム
カスタム検索
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Sponsored Link