Sponsored Link
プロフィール

家人

Author:家人
住宅業界一筋で生きてきた経験から、良い家づくりのポイントをご紹介します。 これからマイホームを考えている方、必見ですよ!

最新トラックバック
ブログ村ランキング


相互リンク
今回は住宅の建築単位、「モジュール」についてのお話です。


従来から日本の一般的な家では、1坪や1間というような、尺を基準とする「尺モジュール」が採用されてきました。


尺モジュールとは、3尺(910mm)を基本の長さとする方法で、この基本寸法毎に柱をたてる設計をしていきます。


最近では、大手ハウスメーカーを中心に、1m(1000mm)を基本の長さの単位として設計する「メーターモジュール」というものを採用するケースが増えてきています。


メーターモジュールを採用するメリットは、廊下やトイレ、浴室など、家の中でも比較的狭いスペースにゆとりが生まれることです。


1スパンの基本寸法で作られた廊下は、メーターモジュールにすると90mm(9センチ)廊下が広くなるわけです。


これは荷物を持っていたり、すれ違うことがあると凄く大きな差を感じます。


実際に私の家はメーターモジュールなのですが、尺モジュールの現場などに行くとやっぱりちょっと狭く感じます。


特に現場では何かを持って動くことが多いので余計にそう感じるのかもしれません。


同じ間取りの家をメーターモジュールと尺モジュールで比べてみると、同じ間取りでも面積はメーターモジュールの方が、尺モジュールに比べて約20%も大きくなります。

尺モジュールの畳1畳分は「910mm×1820mm」。それに対してメーターモジュールの畳1畳分は「1000mm×2000mm」になるので、「リビング8帖」と書いてあっても、尺モジュールなら「3640mm×3640mm」なのが、メーターモジュールなら「4000mm×4000mm」になります。


部屋や廊下が広くなる分、メーターモジュールの方がいいじゃん!と思割れるかもしれませんが、メーターモジュールにもデメリットがあります。


尺モジュールと同じ間取りを作ろうとすると、建物が大きくなる分、建築費も上がってしまいます。


また同じ間取りではなく、同じ面積で建築した場合はどうでしょうか?


建物面積が同じだとすると、メーターモジュールだと廊下やトイレ、浴室などが大きくなった分、居室の面積は狭くなってしまいます。

廊下が90mm広くなれば、逆に居室が90mm狭くなるわけです。


予算や敷地に余裕があり、建物が少しぐらい高く、大きくなっても問題ない場合にはメーターモジュールの家はとメリットが感じられるでしょう。


しかし、決まった予算や敷地の大きさの中で快適な家を作ろうとする場合には、尺モジュールのほうがピッタリの間取りを作れることは少なくありません。


このことから、どちらが優れているという事は言えません。


それぞれのお宅にあったモジュールを選択して住みやすい間取りを作ることが重要になってくると思います。
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2013/12/14 20:42 モジュール TB(0) CM(0)
検索フォーム
カスタム検索
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Sponsored Link