Sponsored Link
プロフィール

家人

Author:家人
住宅業界一筋で生きてきた経験から、良い家づくりのポイントをご紹介します。 これからマイホームを考えている方、必見ですよ!

最新トラックバック
ブログ村ランキング


相互リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
今日は「宅地建物取引主任者」の資格試験日でした。


この資格を持っていると、不動産取引の流れの中で、宅建主任者しかできない業務ができるようになります。


これを宅建主任者の独占業務といいます。

・重要事項の説明

・重要事項説明書への記名・捺印

・契約内容記載書への記名・捺印


この3点の業務を行うのは宅地建物取引主任者でなくてはなりません。


宅地建物取引主任者の資格についてはこちらのサイトで詳しく紹介されていますので興味のある方はご覧ください。


この資格を持っている住宅営業マンは2割~3割ぐらいでしょうか。


「住宅を売るのにこの資格は必要じゃないのか?」と思われる方もいらっしゃるかとおもいますが、実は注文住宅の営業は宅地建物取引主任者の資格が定める「宅地建物取引」には該当しません。


「宅地又は建物の売買、交換又は貸借の契約が成立するまでの間に、重要事項の説明等を行う」とされており、注文住宅、これから建てられる建物は「宅地建物取引」には含まれないため、資格を持っていなくても仕事ができるのです。


しかし、新しく家を建てるに当たって、それまで住んでいた家を売りに出すとか、土地を購入するといった場合は「宅地建物取引」に当たるので、資格を持っているに越したことはありません。


また、この試験を取得するには、土地や建物の専門的な知識や、民法などの法律、建築基準法などを勉強する必要があるので、資格を持っている人が寄り土地・建物の専門家であることは疑いようがありません。


この資格を持っていなくても住宅営業マンはできますが、できる事なら取っておきたい資格だとも言えます。


担当の営業マンが決まった時には、「宅建持ってる?」と一度聞いてみるのも良いかもしれませんね。

スポンサーサイト
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2013/10/20 21:35 営業マン TB(0) CM(0)
理想のマイホームを造るうえで、重要なポイントとなる「営業マンとの出会い」


自分とって頼りになる営業マンを見分けるポイントをご紹介します。


ここでは私が住宅営業マンをしていた頃に出会った、「できる営業マン」の特徴をあげて行きます。


もちろん、人によって、合う・合わない、が出てくると思いますので、あくまで参考と言うことでご理解ください。



●紹介が多い

いい営業マンは住宅を売った後の施主さんとの付き合いも良好なことが多く、家を建てたかたからの紹介が多くなるものです。

ある程度の棟数を売った営業マンは、ほとんどのお客さんを紹介から得ている事も珍しくありません。

「この人になら安心して紹介できる!」と思われる営業マン、頼りになる人に違いありませんよね。



●何でも相談に乗ってくれる

私が知っている人で、家づくりの事以外、たとえば車の事や趣味の事、とにかく何でもお客さんの相談に乗って、何でも調べて教える、という営業マンがいました。

周りから見ている分には「何もそこまでしなくても・・・」と思われていたんですが、お客さんからの信頼は抜群で
、一度気に入られたら、競合他社なんか知らない間にいなくなっていて、最後には「○○さんに全部任せるから!」と言わせてしまうのです。

家を売るテクニック云々ではなく、人と人との信頼関係を築くタイプの営業マンでした。

心から信頼をされると、何事もスムーズに進んでいくようになり、満足度の高い家が大きなトラブルもなく完成していきます。

住宅の事以外でも親身になって話を聞いていくれる営業マンは信頼できる事が多いですよ。






●いい営業マンにはバツ1や独身が多い

住宅の営業という仕事は休みが平日の場合が多く。帰宅時間も深夜になることがほとんどなので、バツ1や独身の人が多いのです。

お客さんの仕事が終わってから、夜7~8時から打ち合わせをして、そこから資料をまとめたり、次の打ち合わせの準備度をしているとすぐに深夜になってしまいます。

そういったお客さん第一の生活をしていると、どうしても自分の家庭が疎かになりがちで、離婚になるケースを何度も見てきました。

しかし、自分の家庭よりもお客さんを優先してくれる営業マンというのは、家を建てる側からすると頼もしいものです。

もちろん家庭と仕事をうまく両立している人もたくさんいますが、バツ1や独身はマイナスポイントにはならないと私は思います。



●ベテランでも管理職になってない営業マンはいい人が多い

ある程度の経験と実績を残した人は、通常の場合管理職(店長など)になって、自分では家を売らなくなる事が多いのですが、ベテランの域になっても管理職には就かずに営業を続けている人は「自分で家を売りたい!」と思っている人が多く、知識も経験も豊富で、とても頼りになる営業マンである確率が高いのです。

こういった人は、家づくりが大好きで、お客さんと打ち合わせや話をすることが楽しいというタイプの人なので、家を建てる側にとっては非常に頼りになると思います。



私が見てきた頼りになる営業マンに多い特徴を書いてきましたが、自分に合う営業マンと言うのは人それぞれだと思いますので、たくさんの人とは話をしてみて、「この人なら自分の家を任せられる!」と思えるような信頼できる営業マンを見つけてください!
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2013/10/13 21:50 営業マン TB(0) CM(0)
検索フォーム
カスタム検索
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Sponsored Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。