Sponsored Link
プロフィール

家人

Author:家人
住宅業界一筋で生きてきた経験から、良い家づくりのポイントをご紹介します。 これからマイホームを考えている方、必見ですよ!

最新トラックバック
ブログ村ランキング


相互リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
全国的に梅雨らしい天候になってきましたね~。


これからはジメジメ、ムシムシの季節を迎えて、不快指数が高くなり、体力的にもしんどい時期がやってきます。


その後は台風のシーズンもやってくるので、建築現場は気を抜けません。


これから雨が多くなると、マイホームをを建築中の方は、建物が雨で湿ったりはしないかと心配になりますね。


まだ外壁工事が終了していない工事現場では、風の強い雨の日には注意が必要です。


梅雨の時期などで、雨が多くても風がそれほど強くない時には、工事現場に設置してある仮設足場に防水性のあるビニールシートをしっかりと張っておけば、雨水が浸入することにそれほど神経質になる必要はありません。


ところが、風が強い時の雨、それも台風となると状況はガラッと変わります。


台風は風が強く、足場に貼ったシートが風を受けて、足場ごと飛ばされてしまうという事故が毎年起こっています。


これを防ぐためにも風の強いときにはシートを取り払い、風が通り抜けられるようにしなければなりません。

------------------
Sponsored Link

------------------


こうなると雨除けのシートがなくなることにより雨水が建物内に入ってきますから、床に防水シートを張って一時的にでも雨水が床に染みこまないようにしたり、極力木材が水分を吸収しないようする必要があります。


木材が水を吸い込めば、含水率が上がります。


含水率が高いと乾燥途中に割れや狂いが生じます。


フローリングに雨が浸み込めば、後からカビの原因になることもあります。


特に最近の高気密高断熱住宅などは、外壁と内壁の間の湿気が抜けにくいので、一度水分を多く含んでしまった木材があると湿気が抜けにくいので、細心の注意が必要です。


台風が来ることが予想される場合には、数日前から対策をすることができますが、急に風の強い雨が降ってきた場合には対応が間に合わない時が出てきます。


現場監督がすべての現場の対応をできればよいのですが、同時期に何件もの現場を抱えていたり、それぞれが遠い場所にあるような場合にはすぐに対処をすることが難しいのです。


これから住宅メーカーを決めようとされている方は、ぜひ雨の日に建築現場に行って、風雨対策をどう行っているかを自分の目で見て確かめてください。


特に外壁やサッシ取り付けが終了していない工事現場が、どのような雨対策を行っているかを見ると参考になると思います。


雨が建物の中に降り込んでいるのに何の対策もされていないような現場は「問題アリ」と言わざるをえません。


雨の日の現場のチェック、一度出かけてみてください。


スポンサーサイト
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2017/06/24 22:59 現場を見よう TB(0) CM(0)
今回も知人から相談があり現場を見に行ってきました。


ある建売住宅を専門にしているメーカーの現場を見てほしいとのこと。


その知人は自分の希望の地域にある建売住宅を購入したいと思い、建築がはじまった時から目を付けていたそうで、最近初めて大工工事中の現場に入らせてもらって中を見てきたらしいのですが、その仕上がり具合を見て不安になったとの事でした。


ほぼ初めて建築中の現場を見た人が不安になる仕上がりってどんなものかと、興味半分、不安半分で見に行ってきました。


その一部をご覧ください。

IMG_3643.jpg

IMG_3644.jpg

IMG_3645.jpg

わかりますか?


石膏ボードを切った後の処理がメチャクチャですよね・・・。


丸ノコで石膏ボード用のチップソー(刃) ↓ を使っていれば切り口がこんなにケバ立つ事はありません。




おそらく木材用の刃でそのままカットしているものと思われます。


普通ならこんなにボロボロになった石膏ボードは使わずに新しく切りなおすか、ケバ立った部分をきれいにしてから使用するものですが、それもせずにそのまま使用しています。


なんというか、「レベルが低い」という次元の話ではありません。


ハッキリ言って仕事をする資格がない人だと思います。

------------------
Sponsored Link

------------------

こんな施工をする大工も大工ですが、何も言わない現場監督もどうしようもない「無能」ですね。


現場での不備を指摘できない監督なんか必要ないです。


おそらくほとんど現場にも来てないんだと思いますが・・・


こんな施工の住宅を購入したら後悔しか残らないと思いますので、ハッキリと知人には「絶対やめとけ。」と言っておきました。


でも問題なのが、この後石膏ボードの上にクロスを貼ってしまうと、このような惨状が見えなくなってしまうということです。


パッと見はきれいに仕上がっていますので、何も思わずに購入する人も出てくるでしょう。


ここが建売住宅の怖いところです。


購入を検討している建売住宅がある場合、可能ならば建築中の状態を見に行ってください。


建築中の状態を見ることで、今回のような誰が見てもわかるようなひどい住宅を購入することは避けられると思います。


しかし最近はプライドも何もない、とにかく終わらせればいいという大工が増えているのがとても残念ですね。


昔のように何日かかってもいいから納得いくものを造る、という仕事ができる人がほとんどいなくなってしまいました。


これは住宅業界が工期を縮め、人件費をカットしてきたため、スピードや効率だけを重視した職人が増えてきているという背景があるのですが・・・。


根本的に仕事への取り組み方を考える時期に来ているのかもしれません。







Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2014/12/19 23:03 現場を見よう TB(0) CM(2)
検索フォーム
カスタム検索
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Sponsored Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。