Sponsored Link
プロフィール

家人

Author:家人
住宅業界一筋で生きてきた経験から、良い家づくりのポイントをご紹介します。 これからマイホームを考えている方、必見ですよ!

最新トラックバック
ブログ村ランキング


相互リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
知人から、「希望の場所にある建売住宅の購入を検討しているが、ちょっと心配で・・・。」という相談がありました。


詳しく話しを聞いてみると、その建売住宅の場所は申し分ない、しかし建物の中を見せてもらうとどうも建築の精度が良くないように感じる、とのこと。


建て売り住宅は、立地や建物そのものを見てから購入することができるという利点があります。


また最近では建て売り住宅に特化して大量に供給する、いわゆる「パワービルダー」と呼ばれるハウスメーカーもたくさんあります。


工場の跡地などを宅地に造成して、建売住宅を数棟~10数棟売り出しているのをご覧になったことがあるのではないでしょうか。


こういったパワービルダーは、大量購入・大量生産のおかげで建物のコストは合理的に下げられていて、その結果、土地付きの販売価格は大手メーカーや工務店が到底真似のできない低価格になっていることが多く、設備的にも充実した新築の住宅を供給しています。


これは消費者にとって非常に魅力的なことです。

------------------
Sponsored Link

------------------

しかし同じ場所で同じ時期に建築される住宅は、精度のバラツキが出てしまうことがあります。


例えば5棟同じ時期に工事をするということは、5名の大工さんが工事をするということです。


各建物の精度は、各職人の技術力とモラルにより大きく差がでてきます。


同じ分譲地の中でも、A棟の建物は仕上がり精度が良いが、隣のB棟の建物は仕上がり精度が悪いということが起きてしまうのです。

このように「アタリ」の建物もあれば、「ハズレ」の建物も存在します。


この目で見たわけではないので詳細はわかりませんが、今回相談のあった建て売り住宅は「ハズレ」のほうの物件だったのではないかと感じました。


内装ドアの立てつけや、壁・床の水平・垂直、各部材のすき間など、気になるところがたくさんあったようです。


周辺の新築注文住宅の相場と比べると、15%程度価格が安いようなので、建て売り住宅とはそういうものだ、と割り切れればお得な買い物だと思います。


大きい声では言えませんが、今回相談された方はかなり細かい方なので、多分割り切ることはできないんじゃないかと思っています。(笑)


値段をとるか、精度をとるか、なかなか難しい選択ですね。


スポンサーサイト
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2014/09/26 23:14 後悔するポイント TB(0) CM(0)
「リビングとダイニングを仕切れるようにしたい」という事を最近よく相談を受けます。


新築の時にリビングとダイニングを大きな一つの空間にして、開放感のある間取りにした方から良く聞くのですが、大切なお客様が来た時にダイニングを見せないようにしたい、とのこと。


なるほど、ダイニングやキッチンは生活感をとても感じさせる空間なので、会社の上司やかしこまったお客様の時には、見せないようにしたい、というのもうなずけます。


そういった時には、間取りが許せば、リフォームで使えるドアで部屋を仕切る方法があります。




このようなパタパタと折りたためるようなドアを使って、リビングとダイニングを仕切るのです。


これなら大切なお客様が来た時でもすぐにダイニングを見えないようにすることができますね。


------------------
Sponsored Link

------------------

しかし敷地の事情などで、リビングとダイニングを二つに分けることができないような大きさや間取りになってしまうこともあります。


分けてしまうと狭くなりすぎる、形がいびつになって使いにくくなってしまう、など、それぞれのお宅によって様々です。


そういった時には、少しだけ二つの空間を分ける工夫をするといいですよ。


例えばこちら。

IMG_2442.jpg


リビングとダイニングの間に、化粧の柱を見せておく方法です。


圧迫感の無いように向こうが見えるようにしておきながら、二つの空間をさりげなく分けておく。


これだけでも仕切りの意味を持たせておくと、二つの空間をうまく分けてくれます。


ぜひ参考にしてください。
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2014/03/25 20:00 後悔するポイント TB(0) CM(0)
検索フォーム
カスタム検索
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Sponsored Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。