Sponsored Link
プロフィール

家人

Author:家人
住宅業界一筋で生きてきた経験から、良い家づくりのポイントをご紹介します。 これからマイホームを考えている方、必見ですよ!

最新トラックバック
ブログ村ランキング


相互リンク
今回は「坪単価」のお話です。


新聞広告などでも良く目にする「坪単価」。


「坪32万円より」なんていう表示がされている場合が多いですが、坪単価だけで高い・安いを判断するのはとても難しいものです。


自動車などではカタログに、○○グレード 150万円、などと明記してあります。


そこにオプションを追加していくと、その分金額が上がって行くという、分かりやすい料金体制になっていますが、住宅はそうはいきません。


注文住宅の場合、全く同じ間取りや仕様になることはほとんどなく、家の大きさや間取り、立地条件など、その家を建築するのに掛かる費用はそれぞれの条件によって大きく変わってきます。


家の建設にかかる費用は、ひと口に○○○万円というのが難しく、それは自動車などと違って、その家ごとに変化する不確定要素が多いからなのです。


では坪単価とはどういう数字なのでしょう?


基本的に坪単価とは、建物の本体価格(家の建設にかかる全体費用)を延床面積で割って算出した、1坪当たりの価格を表します。


本体価格が2000万円の40坪の住宅の場合、2000万円÷40坪=50万円となりますので、この住宅の坪単価は50万円になります。


広告に表記されている坪単価は、そのメーカーの建物で最も安くなる場合の物で書かれている場合が多くあります。


一般的に坪単価は大きな建物の方が安くなります。


大きな建物の方が坪単価も高くなるような感じがしますが、実際は逆で小さい住宅の方が割高になり安いのです。


なぜ小さい住宅のほうが割高になるか、坪単価は本体価格を延床面積で割った数字なので、延床面積が大きくなれば、当然、坪単価は小さくなっていくわけです。


この時ポイントとなるのは、延床面積に関係なく、1軒の住宅に必要な設備の数があまり変わらないことが挙げられます。


例えば、二世帯住宅でもない限り、一般的な新築住宅なら、キッチンや浴室は大抵1箇所、トイレは2箇所でしょう。玄関ドアや勝手口もそれぞれ1箇所ずつだと考えられます。


延床面積が半分だからといって、設備機器にかかるコストが半分ですむということにはなりません。このように設備機器などにかかるコストが坪単価はもちろん、本体価格に大きく影響してくるのです。


またどんな設備を選ぶかによっても、坪単価は大きく変動します。


外壁材や床材、壁材、屋根材なども選ぶものによって価格が変わってきます。


また、複雑な形状の屋根や大きな吹き抜けなどがあると、工事費が高くなる場合もあります。





このように考えてくると、坪単価は目安となるものの、変動要素が大きい上、その坪単価がどのような条件(広さや二世帯住宅かなど)、どのような仕様(どんな設備・内外装なのかなど)から求められた数字なのかを知ってから比べないと意味がないということになります。


坪単価はあくまで目安です。


坪単価の安さ・高さにとらわれずに、しっかりと条件を見比べて家選びをしてください。

Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2013/10/03 21:26 坪単価 TB(0) CM(0)
検索フォーム
カスタム検索
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Sponsored Link