Sponsored Link
プロフィール

家人

Author:家人
住宅業界一筋で生きてきた経験から、良い家づくりのポイントをご紹介します。 これからマイホームを考えている方、必見ですよ!

最新トラックバック
ブログ村ランキング


相互リンク
今回は2×4工法のメリット・デメリットについてお話します。


2×4工法はその名の通り、2インチ×4インチの大きさの木材と合板のよって柱や梁の代わりに。床・壁・天井・屋のパネルを作り、それらを組み合わせて箱型の空間を作って行く工法です。


おもに北米で発達した工法で、構造パネル同士を強固に連結して建物全体を一体の構造にしてしまうため、非常に強い建物になる事が特徴です。


工場で作られたパネルを現場で組み立てていくので、工期が短く、職人の腕に左右されにくい事も特徴の一つとしてあげられます。


そのため、価格面でも比較的安価に建築できる場合が多いですが、最近では2×4工法の高級住宅も増えてきています。


またパネル同士の密接性が高いので、気密性能・断熱性能が木造軸組み工法よりも高くなります。





2×4工法はメリットが非常に多いですが、逆にデメリットもあります。


基本的に壁で耐震強度を出しているので、将来間取りの変更をする場合にも、壁の撤去や貫通などはできません。


同じ理由で大きな開口は撮りにくい傾向があります。


パネルで構成されているので、木造軸組み工法と比べると間取りの自由度で劣ります。


また、気密性が高いので逆に通気性が悪いという側面も持っています。






北米で生まれ育った2×4工法。


誰がつくっても同じ品質になるように合理的に考えられた工法です。
Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2013/09/07 23:08 2×4工法 TB(0) CM(0)
検索フォーム
カスタム検索
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Sponsored Link