Sponsored Link
プロフィール

家人

Author:家人
住宅業界一筋で生きてきた経験から、良い家づくりのポイントをご紹介します。 これからマイホームを考えている方、必見ですよ!

最新トラックバック
ブログ村ランキング


相互リンク
全国的に梅雨らしい天候になってきましたね~。


これからはジメジメ、ムシムシの季節を迎えて、不快指数が高くなり、体力的にもしんどい時期がやってきます。


その後は台風のシーズンもやってくるので、建築現場は気を抜けません。


これから雨が多くなると、マイホームをを建築中の方は、建物が雨で湿ったりはしないかと心配になりますね。


まだ外壁工事が終了していない工事現場では、風の強い雨の日には注意が必要です。


梅雨の時期などで、雨が多くても風がそれほど強くない時には、工事現場に設置してある仮設足場に防水性のあるビニールシートをしっかりと張っておけば、雨水が浸入することにそれほど神経質になる必要はありません。


ところが、風が強い時の雨、それも台風となると状況はガラッと変わります。


台風は風が強く、足場に貼ったシートが風を受けて、足場ごと飛ばされてしまうという事故が毎年起こっています。


これを防ぐためにも風の強いときにはシートを取り払い、風が通り抜けられるようにしなければなりません。

------------------
Sponsored Link

------------------


こうなると雨除けのシートがなくなることにより雨水が建物内に入ってきますから、床に防水シートを張って一時的にでも雨水が床に染みこまないようにしたり、極力木材が水分を吸収しないようする必要があります。


木材が水を吸い込めば、含水率が上がります。


含水率が高いと乾燥途中に割れや狂いが生じます。


フローリングに雨が浸み込めば、後からカビの原因になることもあります。


特に最近の高気密高断熱住宅などは、外壁と内壁の間の湿気が抜けにくいので、一度水分を多く含んでしまった木材があると湿気が抜けにくいので、細心の注意が必要です。


台風が来ることが予想される場合には、数日前から対策をすることができますが、急に風の強い雨が降ってきた場合には対応が間に合わない時が出てきます。


現場監督がすべての現場の対応をできればよいのですが、同時期に何件もの現場を抱えていたり、それぞれが遠い場所にあるような場合にはすぐに対処をすることが難しいのです。


これから住宅メーカーを決めようとされている方は、ぜひ雨の日に建築現場に行って、風雨対策をどう行っているかを自分の目で見て確かめてください。


特に外壁やサッシ取り付けが終了していない工事現場が、どのような雨対策を行っているかを見ると参考になると思います。


雨が建物の中に降り込んでいるのに何の対策もされていないような現場は「問題アリ」と言わざるをえません。


雨の日の現場のチェック、一度出かけてみてください。


Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2017/06/24 22:59 現場を見よう TB(0) CM(0)
前回の記事でご紹介した、水漏れのトラブル。


どうも住宅販売業者のほうが折れて、2階のトイレをウオシュレットタイプの新品に交換することで折り合いがついたようです。


しかし原因を作ったのは購入者のほうなのに、ゴネまくって業者にサービスさせるという、まさにモンスタークレーマー!


業者は「もうめんどくさいから相手が納得するなら便器を交換しておくわ・・・」と半ば諦めたような感じでした。


そのかわり、「今後出るメンテナンスは、絶対にサービスはしない。お金をもらわないと絶対に動かない。」とも言っていました。


トラブルがあって、その時はゴネ得したと思っても、信頼関係を崩してまで自分の意見を通しても結局は得をしないという事ですね。


------------------
Sponsored Link

------------------








ここ最近全国的にかなり気温が上がって、30℃を超したところもあったようですね。


いや~ホント暑い。


まだ5月だというのにこの暑さでは夏が心配です。


このように急に気温が上がった時に気をつけなければいけないのが「熱中症」


真夏の暑い時期も発症が多いのですが、ぐっと気温が上がり、体が暑さに慣れていない時期にもかなりの方が熱中症で病院に運ばれるそうです。


まずは水分をしっかり摂ることが大切です。


一時間おきにコップ半分ぐらい (50~100cc、汗が「出れば出ただけ」補給) することが、熱中症をうまく予防するコツです。


水分不足は、熱中症だけでなく、脳梗塞・心筋梗塞の要因にもなるそうです。


脳梗塞の発症時間で多いのは夜間で、就寝中には水分をとれないので脱水になるためだということです。

------------------
Sponsored Link

------------------

就寝前後、運動前後・途中、入浴前後などに、のどの渇きを感じる前に水分をとる(渇きを感じはじめたときは、すでに脱水が始まっています)。


住宅の建築現場では、外部の業者さん(屋根・外壁・板金など)は特に熱中症には気を使っています。


直接日光を浴びるので汗の量も半端ではありません。


1時間と言わず、30分に一度程度の給水を行うようにしている業者さんもあるほどです。


では、内部の業者さん(大工・電気・内装など)は熱中症にならないかと言うと、決してそうではありません。


夏の風のない時には屋内でもかなりの気温になります。


気が付かないうちに大量の汗をかいていますので、熱中症には十分注意をしなければいけません。


内部の業者さんも、大きな扇風機を回して空気の撹拌をしたりして対策を行っています。


しっかりと対策を行って、これからの暑い時期を乗り切っていきましょう!


Sponsored Link

ブログランキングに参加しています。
こちらにたくさんの住宅ブログがあります!
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ 



住まいづくりに関する質問募集中!
コメント欄から質問をいただきましたら全力でお答えします!


2017/05/23 16:38 時事ネタ TB(0) CM(0)
検索フォーム
カスタム検索
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
Sponsored Link